伊豆天城湯ヶ島温泉 落合楼村上

伊豆天城の麓、二つの川が落ち合う
明媚な渓谷を望む落合楼村上。
その風光感じる和の趣きの宿で過ごす、心に残るお祝いの日。

tel.0558-85-0014

(9:00~20:00)

婚礼の儀をお考えの方へ温婚(おんこん)

温寿(おんじゅ)

ありがとうを形に。ありがとうを形に。

ご家族・ご親族は、時を経ながら、
たくさんの出来事を共有していきます。
強く、美しく、しなやかな竹には幾つかの節目があるように、
ご家族・ご親族にとってもその出来事が節目節目となり、
絆を深めていくことができるのではないかと思います。
その節目節目で、皆さまの気持ちに沿ったお祝い事を考えて、
「ありがとう」を形にしてみてはいかがでしょうか。

ご家族・ご親族にとっての節目節目となるお祝い事

「温寿(おんじゅ)」では、
少人数によるお食事会やご宿泊から、
まとまった人数によるご宴会まで、
皆さまの「ありがとう」の気持ちを形にする
お手伝いをさせていただいております。

※「温寿(おんじゅ)」には、定型の企画はありません。
皆さまの「ありがとう」の気持ちを形にしていく
オーダーメイドな企画です。
和のコンシェルジュが、ご相談を承ります。

その笑顔を見たいから‥。

その笑顔を見たいから・・。

お二人の新たな人生の始まりです。
  • 出会い
  • 結納
  • 結婚式

ご家族が加わります。
新しい生命の誕生に感動です。
  • 出産

お子さまの健やかな成長を願って、
家族みんなでお祝いします。
  • 入園
  • 七五三

たくさんのお友だちが
できるといいですね。
  • 入学式
  • 卒業式

立派に育ってくれたことに
感謝します。
  • 成人式
  • 就職

さらに新しい家族が加わります。
  • 子供の結婚
  • 初孫誕生

その他にも‥。
  • 誕生日
  • 新築祝い
  • 引越し祝い
  • 昇進
  • 開店祝い・開業祝い
  • 快気祝い
    ‥など。

積み重ねてきた年数によって、
その感謝の気持ちを込めてお祝いをする長寿や結婚記念日、
子供の成長に感謝を込めてお祝いをするものなど‥、
お祝い事には様々なものがあります。
伝統的に行われてきているそれらの慶事と呼ばれるものは、
伝統文化や風習と直接結びついており、
人生におけるおめでたい場面を、
身内や近しい人たちでお祝いをしてきました。
その慶びには物語があり、
そこには「ありがとう」という気持ちが溢れ、
たくさんの笑顔があります。

結婚記念日のお祝い

ご夫婦が入籍をした日や
結婚式を行った日をお祝いする結婚記念日には、
その年数に応じて名称があり、それらには、
しっかりとした由来と意味が備わっています。

年数を重ねるごとに
名称が豪華絢爛になる特徴があり、
次第に固いものや価値のあるものに移っていくのは、
夫婦の絆が少しずつ
固くなっていく様子を表しています。

  • 紙婚式:1年目
    白紙にふたりの思い出を刻んでいくようにと「紙」という字が使われています。
  • 木婚式:5年目
    5年の月日が経ったことで、1本の木のように夫婦が安定しているという意味が込められています。
  • 錫婚式:10年目
    錫(すず)のように柔らかさと美しさを兼ねた夫婦を表しています。
  • 水晶婚式:15年目
    信頼し合う水晶のような心を持つ夫婦を表しています。
  • 磁器婚式:20年目
    磁器は年を重ねるほどに値打ちが出ることから、それを夫婦に重ね合わせて付けられた名称です。
  • 銀婚式:25年目
    「味わい」の例えに用いられる通り、いぶし銀のような内面の美しさを表しています。
  • 真珠婚式:30年目
    夫婦の関係を富と健康を表す真珠で表しています。
  • ルビー婚式:40年目
    夫婦の深い信頼関係や誠意を真紅のルビーになぞらえています。
  • 金婚式:50年目
    50年という節目の年には、金色の輝きを得た夫婦を例えて「金」が用いられます。
  • 水晶婚式:15年目
    信頼し合う水晶のような心を持つ夫婦を表しています。
  • 磁器婚式:20年目
    磁器は年を重ねるほどに値打ちが出ることから、それを夫婦に重ね合わせて付けられた名称です。
  • 銀婚式:25年目
    「味わい」の例えに用いられる通り、いぶし銀のような内面の美しさを表しています。
  • 真珠婚式:30年目
    夫婦の関係を富と健康を表す真珠で表しています。
  • ルビー婚式:40年目
    夫婦の深い信頼関係や誠意を真紅のルビーになぞらえています。
  • 金婚式:50年目
    50年という節目の年には、金色の輝きを得た夫婦を例えて「金」が用いられます。

金婚式のさらに上の名称として、結婚55年目の「エメラルド婚」、60年目を祝う「ダイヤモンド婚」と続きます。

続きを読む

金婚式のさらに上の名称として、結婚55年目の「エメラルド婚」、60年目を祝う「ダイヤモンド婚」と続きます。

長寿のお祝い

長寿のお祝いは「賀寿」と呼ばれ、
六十歳の還暦から行われるようになります。
日本人の平均寿命は、
戦後には五十歳を超える程度だったので、
六十歳まで長生きできたことを
大変おめでたいとして祝っていました。

現代では、日本人の平均寿命は
八十歳を超えるまでに伸びました。
このことから、六十歳の還暦よりも、
七十歳の古稀以降から
長寿祝いを行う傾向になってきました。

  • 還暦(かんれき):61歳(満60歳)
    祝いの色:
    60年で十干十二支の暦が一周して生まれた年の干支に戻るため、暦が還ることから「還暦」と呼ばれます。同様の理由で「本卦還り」とも呼ばれます。
  • 緑寿(ろくじゅ):66歳
    祝いの色:
    喜寿や米寿、白寿のように数字の重なる縁起のよい「66歳」を「緑緑」と字を当てて祝います。
  • 古稀(こき):70歳
    祝いの色:
    中国の詩人、杜甫の詩に「人生七十古来稀也(70歳まで長生きすることは稀だ)」とあることにちなんでいます。
  • 喜寿(きじゅ):77歳
    祝いの色:
    「喜」という字をくずし字で書くと、十七の上に七が乗っているように見えることから喜寿と呼びます。
  • 傘寿(さんじゅ):80歳
    祝いの色:金茶
    「傘」の略字を分解すると八と十になることから傘寿と呼ばれます。
  • 米寿(べいじゅ):88歳
    祝いの色:金茶
    「米」という字をくずし字で書くと、八十八と読めるため米寿と呼ばれます。
  • 卒寿(そつじゅ):90歳
    祝いの色:
    「卒」の略字が九十に分解できるため卒寿と呼ばれます。
  • 白寿(はくじゅ):99歳
    祝いの色:
    「百」から「一」を引くと「白」になるため白寿と呼ばれます。
  • 百寿(ひゃくじゅ):100歳
    祝いの色:
    「百寿(ももじゅ)」、「紀寿(きじゅ)」、「上寿(じょうじゅ)」、「百賀の祝い(ひゃくがのいわい)」とも呼ばれます。
  • 喜寿(きじゅ):77歳
    祝いの色:
    「喜」という字をくずし字で書くと、十七の上に七が乗っているように見えることから喜寿と呼びます。
  • 傘寿(さんじゅ):80歳
    祝いの色:金茶
    「傘」の略字を分解すると八と十になることから傘寿と呼ばれます。
  • 米寿(べいじゅ):88歳
    祝いの色:金茶
    「米」という字をくずし字で書くと、八十八と読めるため米寿と呼ばれます。
  • 卒寿(そつじゅ):90歳
    祝いの色:
    「卒」の略字が九十に分解できるため卒寿と呼ばれます。
  • 白寿(はくじゅ):99歳
    祝いの色:
    「百」から「一」を引くと「白」になるため白寿と呼ばれます。
  • 百寿(ひゃくじゅ):100歳
    祝いの色:
    「百寿(ももじゅ)」、「紀寿(きじゅ)」、「上寿(じょうじゅ)」、「百賀の祝い(ひゃくがのいわい)」とも呼ばれます。

続きを読む

付 箋

「温寿(おんじゅ)」に関して、
お伝えしておきたいことを書き留めます。

  • 長寿のお祝いをする年齢ですが、還暦のみ数え年61歳、満60歳で祝い、その他に関しては満年齢で祝う人が増えています。長寿をお祝いする日は、誕生日の他に敬老の日や盆・正月など様々です。本人の希望や体調、お祝いをする人が集まりやすい時期を考慮して行うと良いでしょう。
  • 大切な人への「ありがとう」の気持ちを込めて、「温寿(おんじゅ)」を、その方への贈り物として考えてみませんか?あなたの気持ちをしっかりと伝えられる素敵な贈り物になるよう、和のコンシェルジュと一緒に考えていきましょう。
  • 「温寿(おんじゅ)」のページをリニューアルいたしました。竹は風雪に耐えながら、常緑の色を失わずに真っ直ぐ伸びていく成長と生命力を表し、雀は「家内安全」「子孫繁栄」への願いを込めております。皆さま方の節目節目となる大切なお祝い事とを重ね合わせながら、本ページを作成いたしました。(平成28年 盛夏)

「ありがとう」の原義は、
「有り難う」と書いて、
滅多に無い(尊い)ことへの感謝の気持ちを表します。
その本来の意味を思い出し、
心から「ありがとう」を言える。
それはとても素敵なことであり、
人生を豊かなものにしてくれることでしょう。

落合楼村上の「温寿(おんじゅ)」では、
この「ありがとう」という言葉を大切に考えており、
皆さまの「ありがとう」という気持ちに
寄り添っていくことができましたら大変幸せに思います。

温寿(おんじゅ)

和のコンシェルジュ

和のコンシェルジュ

落合楼村上 和のコンシェルジュです。
人生の節目節目における「ありがとう」の気持ち。
言葉やプレゼント、宴など‥、
あなたらしい気持ちの伝え方を色々と考えてみませんか?
その先には、素敵な笑顔で溢れた
幸せな時間・空間が待っていることでしょう。

落合楼村上では、様々なお祝い事に関してのご相談を承ります。
皆さまの「ありがとう」を形にできるよう、
ご要望を何なりとお申し付けくださいませ。
皆さまとのご縁を大切にし、
宴の後も笑顔でお帰りいただくことが
できるよう努めてまいります。

よくあるご質問

Q日帰りの利用でも、温泉は入れますか?
A

はい、ご入浴いただけます。また、21時迄お部屋を利用することも可能です。
→ 温泉について詳しくはこちら

Q二次会は出来ますか?
A

はい、出来ます。二次会は、1Fの「ラウンジ スワン」にてご案内いたしております。有料ではございますが、カラオケやピアノもご利用いただけます。
→ ラウンジ スワンについて詳しくはこちら

Q小さな子供もいますが、大丈夫ですか?
A

お子様もご一緒にお楽しみいただけます。会場には、お子様用の椅子やベビーベッドをご用意いたします。お食事は、お子様ランチもございます。

Q各々が車で向かい現地集合となりますが、駐車スペースはありますか?
A

約20台分の駐車スペースがあります。

Q会の内容は、どのように決めていったらよいですか?
A

どんな目的で、誰を喜ばせてあげたいか‥など、色々とお話を聞かせてください。弊楼で出来ることなどを、和のコンシェルジュがご紹介いたします。その他のご要望などもございましたら教えてください。一緒に具体化していきましょう。

お問い合わせ・ご予約は

伊豆天城湯ヶ島温泉 落合楼村上

〒410-3206 静岡県伊豆市湯ヶ島1887-1 tel.0558-85-0014 fax.0558-85-1015

株式会社落合楼村上

  • facebook
  • Twitter
  • instagram
  • tripadvisor
  • feed
Copyrigh © 2016 Ochiairou Murakami Co.,Ltd. All rights reserved.
ページの先頭へ