新入社員の研修日記~和に浸る一日編~

こんにちは。

段々と気温が高くなってまいりました。本日の天城の空は雨模様。

新緑が潤う雨の香り漂う天城湯ヶ島でございます。

 

さて、本日お伝えしますのは、先日の和三昧の一日。お昼頃から、中伊豆の機織りカフェ「わかった会館」さんにて、機織り体験をした後、煎茶道に通じていらっしゃるお客様とお茶を楽しませて頂きました。またその日の夜は、私事ではございますが、剣道の稽古に参加し、その日は、タイトル通り和に浸る一日となりました。

 

落合楼村上で進んでいる和・話・輪のカルチャーサークルのプロジェクトの一環として、現在様々な勉強を進めております。お泊り頂くお客様、地域の皆様に、和文化や天城をもっと楽しんで頂くためのイベントを開催するために、まずは私たちが勉強させて頂いているところです。

 

機織りカフェでは、伊豆の素材を使って染められた糸や、生地を裂いた布を使って、小さなコースターを織らせて頂きました。山葵や、桜、ふきなどの伊豆のもので染められた糸を、新緑の景色を目の前にしてゆっくりと編む。手仕事の良さを再発見した時間でございました。

 

そして、お煎茶も頂きましたが、これまたお茶を再発見!という驚きに満ちた時間でした。

一滴を楽しむという究極のお茶の世界に少しだけ足を踏み入れられたかなと感じておりますが、お茶の世界はまだまだ深いですね。今回頂いたお茶は甘く、濃厚でまるでおだしを頂いているような感覚でした。お客様とお茶のグラム数、お茶を出す時間を変えてみたり、二煎目、三煎目を飲んでみたりと一つのお茶についていろいろな方法を試してみました。

お客様にはご滞在の貴重な時間の中で沢山のことを教えて頂きました。ありがとうございました!

 

今回も沢山学ばせて頂きまして、ありがとうございました。

この学びを活かして、ラウンジのメニューにはお煎茶が加わりそうです!ご宿泊のお客様も是非お茶の旨味を体験してみてください。

これからもイベントに皆様をお招きできるように、日々前進していきますのでよろしくお願い致します。

 

機織り1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかった会館さんのHPはこちらです。

 


  • おもてなしセレクション 2017年度金賞受賞
  • 二つのステイスタイル  伊豆天城湯ヶ島温泉 落合楼村上(おちあいろう むらかみ)
  • 心に残るお祝いの日 温寿(おんじゅ)
  • 心に残る婚礼の儀 温婚(おんこん)