落合楼村上 和・話・輪(わわわ) 伊豆天城湯ヶ島より

暦で、話を咲かせよう。

  • 二十四節気 其の十 小満(しょうまん)

    新緑映える狩野川の対岸に佇む渓流丁。清々とした流れのせせらぎと、鳥たちのさえずりが聞こえます。
    良い季節を迎えるこの離れで、挽き立ての珈琲を愉しみながら、寛ぎのひと時をお過ごしください。

  • 心に残る婚礼の儀 温婚(おんこん)

    伊豆天城の麓、二つの川が落ち合う明媚な渓谷を望む落合楼村上。
    お二人の辿ってきた それぞれの道筋が一つになり、今、新たな時を刻み始めます。二つの川が落ち合う この美しい場所から‥。

  • お酒を楽しむ  酉年 お面

    十二支の第十番目となる「酉」。「氵」を付ければ「酒」。本来の読みは「ゆう」となり、口の細い酒壺を描いています。
    落合楼でのお食事とお酒を楽しむひと時が、喜びに満ちたものとなりますように。

  • 和・話・輪 カルチャーサークル

    和の文化(和の室礼や器、着付け、和食、お茶など)を五感で学ぶ。広く、浅く、楽しく‥、そこから始めましょう。
    毎月のご案内を記事にて紹介。ご興味のあるテーマがありましたら、女将までお気軽にお問い合わせください。

和・話・輪(わわわ)では、日々の暦を感じながら、その時節の出来事や風景を切り取り、
皆さまに価値ある話題をお届けしていきます。
落合楼村上のこと、伊豆天城湯ヶ島のこと‥、暦の中で、話が咲いていくように。

1 2 3 4 5 6 22
  • 宿泊プランや日帰りプラン(昼食付き or 夕食付き)など、詳しいことをお知りになりたい方へ 落合楼村上
  • 伊豆天城の麓、二つの川が落ち合う明媚な渓谷を望む落合楼村上。その風光感じる和の趣きの宿で過ごす、心に残るお祝いの日。 温寿
  • 婚礼の儀をお考えの方へ 温婚