落合楼村上 和・話・輪(わわわ) 伊豆天城湯ヶ島より

暦で、話を咲かせよう。

  • 二十四節気 其の八 穀雨(こくう)

    『茅花流しの膳』から先付のご紹介。「つばなながし」とは初夏の季語となり、茅花の花穂を吹き渡る雨の気配を含んだ南風のこと。
    そんな季節に獲れる伊豆の地物栄螺(さざえ)の煮凝りをご堪能下さい。

  • 心に残る婚礼の儀 温婚(おんこん)

    伊豆天城の麓、二つの川が落ち合う明媚な渓谷を望む落合楼村上。
    お二人の辿ってきた それぞれの道筋が一つになり、今、新たな時を刻み始めます。二つの川が落ち合う この美しい場所から‥。

  • お酒を楽しむ  酉年 お面

    十二支の第十番目となる「酉」。「氵」を付ければ「酒」。本来の読みは「ゆう」となり、口の細い酒壺を描いています。
    落合楼でのお食事とお酒を楽しむひと時が、喜びに満ちたものとなりますように。

  • 和・話・輪 カルチャーサークル

    和の文化(和の室礼や器、着付け、和食、お茶など)を五感で学ぶ。広く、浅く、楽しく‥、そこから始めましょう。
    毎月のご案内を記事にて紹介。ご興味のあるテーマがありましたら、女将までお気軽にお問い合わせください。

和・話・輪(わわわ)では、日々の暦を感じながら、その時節の出来事や風景を切り取り、
皆さまに価値ある話題をお届けしていきます。
落合楼村上のこと、伊豆天城湯ヶ島のこと‥、暦の中で、話が咲いていくように。

  • 春分を迎える頃、落合楼村上では二組の温婚(婚礼)が執り行われました。

    春分を迎える頃、落合楼村上では二組の温婚(婚礼)が執り行われました。

    草木が芽吹き始める3月は、婚礼を挙げられる方々が多くいらっしゃいます。そんな中、落合楼村上でも二組の温婚(婚礼)が執り行われました。 同じ温婚(婚礼)でも、スタイルは全く異なります。二組それぞれの温婚(婚礼)の雰囲気をご … 続きを読む

  • 『茅花流しの膳』

    『茅花流しの膳』

    春の嵐が過ぎ去り、南風に桜蕊散るころとなりました。 3月より始めました『花見月の膳』も約1ヶ月半程経ちそろそろ花見も終わり、 本日(4月18日)からは初夏のイメージを膳に表現した献立となっておりますので、 ご賞味下さいま … 続きを読む

  • 温泉

    温泉

    伊豆の山々に囲まれ、狩野川の畔に佇む自然環境豊かな地。 かつては天城の天狗も入ったといわれる露天風呂には、天城山系から湧き出る温泉が滾々と湧きあふれています。 溶岩で創られた洞窟風呂は非日常の世界へ誘います。 温泉の特色 … 続きを読む

  • 部屋

    部屋

     伊豆天城の老舗旅館ならではの、風情あるお部屋の雰囲気に、 どのお部屋にもある組子細工の障子は、職人手作りの逸品です。流れる狩野川の川音も当館ならではの自然の演出。清流のせせらぎを聴きながら、ゆったり流れる時の中で昭和初 … 続きを読む

  • 楓三

    楓三

    客室タイプ ; 和室二間+リビング ご利用可能人数 ; 4名 間取り ; 【楓三】洋間16.5㎡+本間10帖+次の間4.5帖+広縁2帖+バス・トイレ付き 客室総面積 ; 69.52㎡ 設備 ; 液晶テレビ/電話/冷蔵庫/ … 続きを読む

1 2 3 4 5 6 20
  • 宿泊プランや日帰りプラン(昼食付き or 夕食付き)など、詳しいことをお知りになりたい方へ 落合楼村上
  • 伊豆天城の麓、二つの川が落ち合う明媚な渓谷を望む落合楼村上。その風光感じる和の趣きの宿で過ごす、心に残るお祝いの日。 温寿
  • 婚礼の儀をお考えの方へ 温婚